Googleアナリティクス入門講座 第一章

[初心者向け]
Googleアナリティクスを導入しよう

講座

知識Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスの基本理解

 Googleアナリティクスとは、Webサイトに[どんな人が]「どこから来て」「何を見て」「何をしたのか」を知ることができる無料のツールです。サイト訪問者の情報を知るために用いられる「アクセス解析ツール」の中でも特に高い人気を誇り、アクセス解析の基本ツールとして多くの人に利用されています。

パソコン・HTMLソースGoogleアナリティクスとは?

 GoogleアナリティクスはWebページの設計図であるHTMLソースにアクセス情報を解析するコードを書き入れることで、サイト訪問者の推定性別や年齢、ページごとのアクセス数、どんなサイトからリンクを飛んできたのかなど有用な情報を収集します。他の分析ツールと比較すると、収集できるデータが豊富で、必要な情報にあわせて表示するデータを変更・新しく設定できるレポート画面や、AdwordsやWebマスターツールなど他のGoogleツールとの連携機能などが高い評価を得ています

 また、価格は無料で、面倒な支払いや手続きは必要ないため、早ければ1時間ほどでGoogleアナリティクスをWebサイトに導入することができます。

Googleアナリティクスの活用例

 Webサイト訪問者のニーズを知ることは、マーケティングの最重要項目。Googleアナリティクスを活用し、サイト訪問者のデータを分析すれば、以下のようなことが実現します。

  • サイト訪問者の性別・年齢を知り、サイトのデザインをターゲット向けに最適化する
  • アクセスが多いページを分析し、広告や商品へのリンクを追加して収益につなげる
  • 販促キャンペーンの効果をデータで裏づけし実証する  など

 更に、GoogleアナリティクスはWebサイトが現在抱えている課題を解決するためにも利用することができます。収益が上がらない、問い合わせがこない、問い合わせは来るが注文につながらないなど、Webサイトの運営に関する悩みなら、Googleアナリティクスの中に解決の糸口が見つかるでしょう

Googleアナリティクスを導入してサイトの問題点を解析する

データ収集の仕組み

 Googleアナリティクスのデータ収集は、「ウェブビーコン型」と呼ばれます。Webページに小さな透明の画像を仕込み、それをサイト訪問者が読み取ることによりGoogleアナリティクスのサーバーにサイト訪問者のアクセス情報が送信されます。この小さな画像にはトラッキングコードと呼ばれるJavascriptのコードが付属しており、このJavascriptの働きによりアクセス情報をGoogleアナリティクスサーバーに送信しています。

 トラッキングコードは基本的にGoogleアナリティクスから自動で発行されるものをそのままソース内に貼り付ければ作動しますが、サイト訪問者の性別や年齢・どのサイトのどのページからやってきたのかなどを知りたいときには、トラッキングコードを自分で調整する必要があります

Googleアナリティクスのデータ収集の仕組み

 次章の[実践]ではGoogleアナリティクスのアカウントを作成し、このトラッキングコードをサイト内に貼り付けるまでを解説します。

 このページの上部へ

Googleアナリティクスを勉強しながら取れる、Google公認資格をチェック

リクナビNEXT