GAIQ試験 最新の問題を分析

【2015年4月】GAIQ試験 最新の問題傾向を分析

Google Analytics Individual Qualification

  1. 新しい問題が追加
  2. データモデル関する問題を重視

2014年11月から日本語対応となり、新しい問題が追加されたGAIQ試験。
今回は2015年4月現在でのGAIQ試験問題の動向を解説します。

新しい問題が追加

今回の調査では、問題に劇的な変化はなかったものの、新しい問題の追加が確認されました。
編集部で調べた限り、「目標の設定」「コンバージョンとトランザクション」関連が多い印象。内容としては、単なる知識問題ではなく、質問の意図を理解して答えなければならないものが中心でした。

データモデル関する問題を重視

新しく加えられた問題で出題頻度が高いのが、Googleアナリティクスの「データモデル」についての問題。データモデルといってもぴんと来ない人が多いかも知れませんが、これはGoogleアナリティクスで収集しているデータの単位や構成のことを指します。
例えば、「訪問単位」で観測される指標についての問題や、データ収集のステップなど、マーケターよりもデベロッパー向けの内容が多い印象です。

効果的なカスタムレポートやカスタムディメンションを作成する際に役立つ知識でもあるので、GAIQの受験を考えている人はこの機会に勉強してみると良いでしょう。

※ちなみに、2015年4月時点では、データモデルに関する問題の中に、正答となる選択肢が存在しないと思われるものが1つ確認されています。この問題への対策は見つかっていません。

 スマホ・タブレット端末で読めるGAIQ対策テキスト

[Kindle] 厳選テーマ20題!GAIQ対策テキスト

模擬問題全73問付き!GAIQ対策テキスト・表紙画像

販売形態:Kindle(Amazon)

  • 累計販売数1,500冊。Amazonで唯一のGAIQ参考書
  • 2016年夏以降の試験問題に対応
  • スマホ・タブレット画面に最適化、読みやすさにこだわったレイアウト
  • Kindle無料アプリの導入で、PC(Windows)でも閲覧可能に

価格:1,250円(税込)

 GAIQ対策テキストの詳細はこちら

 このページの上部へ

短時間&高得点での合格を実現 GAIQ対策テキスト