Googleアナリティクス 解析のコツ

イベントトラッキングの設定方法

更新日:

イベントトラッキングで計測できるデータ

イベントトラッキングとは、簡単に言えば、訪問者がページ上で起こす様々ななアクションを計測できる仕組みのこと。
行動カテゴリの中のイベントレポートで、デフォルトでは観測できなかった、サイトにとって重要な行動を計測できるようになります。

Googleアナリティクス[行動>イベント>サマリー]画面

イベントトラッキングで計測できるもの

  • 外部リンクへの移動
  • バナーのクリック
  • ファイルのダウンロード
  • 動画の再生

例を見てわかるとおり、イベントトラッキングで最もよく使われるのが「クリック数の計測」。汎用性が高く、様々なデータの計測に使用されます。これ以外にも、動画の再生、フォームへの入力、ページの読み込みなどにも使用が可能です。

イベントトラッキングの設定方法

イベントトラッキングの設定は、Googleアナリティクスのコードを、計測したい箇所に張るというもの。計測したいヶ所1つ1つに張る必要がありますが、一括置換で対応すれば、さほど時間はかかりません。

イベントトラッキングコード

 従来のGoogleアナリティクスの場合

_gaq.push(['_trackEvent', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル', 値, opt_noninteraction])

※赤字部分はそのまま使う部分

 ユニバーサルアナリティクスの場合

ga('send', 'event', 'カテゴリ','アクション', 'ラベル','値',{'nonInteraction':true})

※赤字部分はそのまま使う部分

カテゴリ 必須パラメータ。名前は自由に設定することができます。イベントの種類(動画、外部リンクなど)やイベントが発生した場所(右ナビ、フッターなど)を記入することが多いです。
アクション 必須パラメータ。名前は自由に設定することができます。イベントのアクション(再生、クリック)を記入することが想定されています。
メリット 任意パラメータ。名前は自由に設定することができます。個別のイベントを識別する名前をつけることが多いです。
ラベル 任意パラメータ。名前は自由に設定することができます。個別のイベントを識別する名前をつけることが多いです。
任意パラメータ。イベントが実行されることに対する数値を設定するもので、そのイベントの金銭価値を設定するために使われます。
opt_noninteraction、{'nonInteraction':true} 直帰率に関する任意パラメータ。通常、1ページの閲覧だけで離脱した訪問は「直帰」としてカウントされますが、ページ上でイベントを実行した場合、そのセッションは直帰と観測されなくなります。イベント発生の有無にかかわらず、1ページしか閲覧しなかった訪問を「直帰」にカウントするためのパラメータです。

例えば外部リンクを観測したい場合、イベントトラッキングの書き方は以下のようになります。

<a href="http://example.com" onClick="ga('send', 'event', '外部リンク', 'クリック','株式会社EXAMPLE');">

「onClick」はクリックをしたときに""内の指示を実行するという意味のイベントハンドラ。クリック以外の訪問者の動作を観測したいときは、この部分を別のイベントハンドラに変更しましょう。

ソースに手を加えてアップしたら、Googleアナリティクスのリアルタイムカテゴリで計測ができているか確認。イベントレポートにイベントが観測されたら成功です。

Column「イベントが計測できないときは?」

リアルタイムレポートにイベントが現れない場合は以下のことを試して見ましょう。

コードの確認
改めて追加したコードを確認してみてください。「'」が多い、「,」が抜けていたなど、意外な見落としに気づくこともあります。
レポートの除外フィルタ確認
閲覧しているビューによって、自社のIPアドレスからの閲覧をレポートに表示しないフィルターがかかっていることがあります。「アナリティクスの設定」画面の「フィルタ」の項目から、ビューに適用されているフィルタを確認しましょう。
導入しているアナリティクスバージョンの確認
トラッキングコードのGoogleアナリティクスのバージョンとイベントトラッキングのコードのバージョンは一致していますか?
ページで使用しているトラッキングコードに「_gaq.push」が使われていれば従来のGoogleアナリティクス、「ga」が使われていればユニバーサルアナリティクスです。
トラッキングコードの位置
トラッキングコードがイベントトラッキングの下にあるようならば、トラッキングコードを上に移動させて見ましょう。

イベントを目標に設定する

イベント数を計測するだけでなく、イベントを起こした訪問者のデータを個別に分析したいという人は、イベントを目標として設定するのがおすすめです。
一度目標にイベントを据えれば、イベントを起こした訪問者の年齢・性別、ページ遷移、流入チャネルをイベントを起こさなかった訪問者と比較することが可能です。

目標設定の手順

01

「アナリティクス設定」から目標を作成したいビューを選択。「目標」を選ぶ。

イベントトラッキング・目標設定の手順1

02

「新しい目標を作成する」を選び、任意の名前を設定。目標の種類は「イベント」を設定する。

 新しい目標を作成する

イベントトラッキング・目標設定の手順2-1

 目標の種類:イベント

イベントトラッキング・目標設定の手順2-2

03

目標に設定したいイベントを定義する。上記の例で、外部リンクへの到達を観測する場合は、カテゴリの項目で「等しい」を選択し、「外部リンク」と記入する。

イベントトラッキング・目標設定の手順3

04

目標を作成する。

 目標設定が完了

イベントを目標として設定すると、セグメントの「コンバージョンが達成されたセッション」「コンバージョンにいたったユーザー」を利用して、イベントを達成したユーザーの傾向を、全体と比較することが可能に。
他の目標と分けてデータを見たいという場合は、新しくセグメントを作ると良いでしょう。

Gooleアナリティクス・セグメント「コンバージョンが達成されたセッション」

計測しにくいページ上のアクションも分析できるイベントトラッキング。うまく活用して、知りたい情報を手に入れましょう。

 このページの上部へ

Googleアナリティクスを勉強しながら取れる、Google公認資格をチェック

リクナビNEXT